フレームページのためのSEO対策

◎ フレームページのためのSEO対策
フレームでホームページをどうしても使いたいか、すでにフレームを使っていて、すぐリニューアルできないような場合には、どうすれば良いでしょうか。SEO対策におけるフレームの一番大きな問題点は、「フレ ームを設定しているファイルに何の情報も含まれていない」ことです。 ここになるべく多くの情報を書き込むようにすれば良いわけです。まずは、タイ トルと< meta>タグをきちんと設定することです。タイトルはSEO対策で非常に大事な内部対策です。タグは最近の検索エンジンでは重要視されなくなってきましたが、重要視されなくとも、通常テキストと同様には扱われ
るので、今回のようなケースではロボット向けにmetaタグの記述はしておきたいものです。
タグを 利用する方法もあります。タグは、フレーム非対応ブラウザにページを表示させる情報です。本来は、フレームに対応していないブラウザで何も表示されないという状況を避けるために利用するものですが、ここに情報を入れることで検索エンジンのロボッ 卜に対しでも、情報を与える ことが可能になります。

◎自社でSEOを行ってWEB資産を管理する
企業ホームページで活用するキーワードや SEOから得られるデータは、会社の資産です。その資産を、あなたの会社では誰が管理していますか? もしも SEO業者に外注し作業してもらっているのであれば、できるだけ早めに社内で管理しましょう。 ホームページのSEOを業者に依頼した場合、開始前に必ずいろいろな質疑応答があると思います。ヒアリングをしないと SEO が行えないからです。つ まり 、このヒアリングで回答した内容は、ホームページの機密情報なのです。 それをわざわざお金を払って他社に教えるよりも、自社で管理するほうがよ いことは明らかです。 SEO から得られる情報は膨大で、そのデータの多くが 会社の資産となる部分です。ですから、 WEB 資産はできるだけ大切に扱っ ていきましょう。