サイトトップがすべてではない

以前は、検索結果の上位にサイトのトップページが表示されるケースが多く見られました。 トップページには、そのサイト内からのリンクが集まり、ほかのサイトからのリンクも集まりやすかったためだと 考えられます 。 しかし現在では、キーワードによっては、個別の記事 が検索上位にランクインしたり、膨大なコンテンツを含有する大手サイトに混じって、個人が運営するサイトの個別ページが上位にランク インしているとともあります。このような現象は、検索エンジンが、 より詳しくユーザーの動向を探り、 サイトlこ訪れた際の満足度を計測 しているからだと 考えられます 。

Googleは、各ユーザーのサイト滞在時間やサイト訪問時の行動、 再訪問の有無や頻度などの情報を取得していると言われています。例えば、サイト滞在時間が長いということは、そのページの内容をゆっくり読んでいるということになり、検索したユーザーにとって、その ページが参考になっていると推測されます。

これにより評価が上がり、検索キーワードが 1回しか出てこなかっ たり、サイト全体のコンテンツ量が少なくても、内容の濃い、質の高 いページが上位に表示される機会が増えてきています。

そのため、サイトのト ップページにばかりリンクや内容を充実させ るのではなく、 各ページに適した対策を施した方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です