ネット上のニーズ=月間検索数

インターネット上のニーズは、月間検索数という指標で知ることができます。
SEOの古き良き時代では、オパーチュアが提供していた「キーワードアドハイスツール」が、月間検索数を調べるツールの中では不動の4番バッターとして君臨していました。
キーワードアドバイスツールが2007年4月分のデータ更新を最後に、正式サポートを終了したときのSEO業界の衝撃はとてつもなく大きく、凄まじい影響力があったと思われます。
キーワードアドバイスツールの価値は、Yahoo!JAPAN などいくつかのポータルサイトで入力されるキーワードの「月間検索数」にありました。
インターネット上でキーワードのニーズを簡単に知ることができたからです。
しばらくの問、キーワードアドバイスツールの存在や価値を完全に補完するようなツールはありませんでした。
不動の4番バッターが不在で、3番バッターや5番バッターならいる といったSEOにおける空白の時代です。
しかし、月間検索数は不変の指標で、現在でも重要視され続けています。
そんな中、Googleから待望のツールがリリースされました。「キーワード最適化ツール」と「Google Insights for Search」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です