URLは大文字?小文字?

URLの名前が、大文字の場合と小文字の場合というは、名前が同じという場合であっても、別物として判断される可能性があるでしょう。 同じ文字列のならびでも、大文字か小文字かといった違いだけで、検索エンジンにとっては、違うページとして認識されてしまうと考えられているようです。URLの名前を使用する際には、大文字表記なのか、小文字表記なのかといった点をきちんと決定し、表記は必ず統一するようにしておきましょう。また、多くのウェブユーザーは、URLが小文字であるとあらかじめ想定していることが多いため、できるだけ小文字で統一することが望ましいと言えるでしょう。検索エンジンというのは、URLを区切る記号の有無により、それぞれ個別のページとして認識したりしてしまうようです。そのため、このようなことが原因となってページの評価が分かれてしまったり、重複したページだというように誤解されてしまったりすることがあると言えるでしょう。最悪の場合、ペナルティを受けてしまうこともあるため、誤解防止のためにも、検索エンジンに評価してもらうためにも、URLを統一するといった作業をすると良いでしょう。これを一般的に「URLの正規化」と呼んでいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です